Member Profile

 

小田島亨(Fl.Ob.EH.Cl.A-Cl.B-Cl.Ss.As.Ts.Bs)


10種類もの木管楽器を1つのコンサートで演奏する、マルチリード奏者。


5歳よりピアノとバイオリンを習い、15歳のときアルトサックスを始める。

早稲田大学第一文学部に在学中はモダンジャズ研究会に在籍、同、幹事長、レギュラーグループをつとめる。

学生時代よりプロ活動を始め、現在に至る。


ポップス、ジャズ系のコンサート、ライブハウス、スタジオワークを中心に活動するが、最近では、他のジャンルへ参加する機会も多い。

サックスが専門楽器だが、他の木管楽器の修得に努め、フルート、クラリネットをはじめ、オーボエ、ファゴットといったダブルリードもこなすという、マルチリード奏者。

サックスを山口真文氏、オーボエを伊藤量子女史に師事、若尾圭介氏の指導を受ける。


2000年3月より総数10数名のバリトンサックスだけのバンド「東京中低域」に加入、06年秋、08年秋にロンドン公演を行う。

03年日韓でリリースされたKao「Overture」では、ヴァイオリン、ピアノ、木管という普通のトリオ演奏の他に、サックス4重奏、木管5重奏

などを多重録音したオケを提供、韓国公演に参加。07年、「MINGLE」を結成、08年、「MINGLE@ISHIMORI」をリリース、活動中。

 

 1993年、ミュージカル「香港ラプソディー」に参加、95年、沢田研二音楽劇「バスターキートン」、96年、ミュージカル「狸」、98年、ミュージカル「ロス・タラントス」、2000年、同再演に参加。


 音楽制作の分野では、「JR東海」、「NTT」、等のCMを作曲、また学研の教育メディアの音楽を10年近く担当、「ハローワールド」「まなぶくん」、最近では「イマジン学園」など多くのカセット、CD、ビデオ、CDーROMの音楽制作を務めている。学校図書発行の教科書の音楽にも楽曲を提供する。2,000年アジダスアジール社より発売された文部省準拠「命の大切さを考える」CD-ROMの音楽制作、監督。      


2013年秋、自身初のソロアルバム「Spin-Off From MINGLE」をリリース。


ヤマハ・カスタムZアーティストバンク登録。


http://toruodajima.com


http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/winds/z_express/z_artist_bank/sax/toru_odajima/


Kao(Violin)


国立音楽大学卒業。東京芸術大学大学院室内楽科修了。

これまでにヴァイオリンを、故・高杉忠一、諏訪晶子、原田幸一郎、岡山潔の各氏に師事。その他音楽祭にて 豊田耕児、ローレン・コルシアの各氏などにも師事。


1989年に武岡賞を受賞。第59回読売新聞社主催の新人演奏会に出演。

第4回日本モーツアルト音楽コンクール第1位入賞、洗足学園前田賞金賞を受賞。

1991年にはNHK洋楽オーディションに合格、翌年のNHK-FM土曜リサイタルに出演。

第1回ウィーン国際音楽コンクールにて特別賞、および ジャン・フレデリック・ペルヌー賞を受賞。


宮崎監督のアニメーション映画「耳をすませば」では、劇中の“ 聖司”役のヴァイオリン演奏に関してその演奏に関する動きのモデルと音楽演奏を担当。



劇団四季、東宝、東京宝塚など日本のミュージカル界での活動は長く、演奏したミュージカル、舞台の数は多数。

2002年、Kaoとしてミュージカル作品を集めたアルバム「Overture」を、2010年「FROM THE PIT」をリリース。

泡盛の「瑞泉酒造」CMなどでバッハを披露。

イリス弦楽四重奏団メンバーとして、2012年「Mozart  Divertimento」のCDをリリース。


http://plaza.rakuten.co.jp/kaomingle/

http://kaoroon.net